きづがわ矯正歯科について
  • CLINIC

    舌側矯正|みえない矯正

  • 舌側矯正についてなど

舌側矯正について

歯の裏側に装置を付ける治療のこと

舌側矯正について

舌側矯正(裏側矯正)は、歯の表側に装置を付けるのではなく、歯の裏側に装置を付ける治療のことです。

ワイヤー矯正であるためマウスピース型カスタムメイド矯正装置と比べ確実に歯を移動させることができます。表側の装置への抵抗ある人や職業柄目立つ装置ができない人や吹奏楽をしているしている人適している装置です。

舌側矯正の特徴

メリット

1. 目立たないこと
2. 表側に比較するとう蝕のリスクが低い
3. 歯の表側のダメージが少ない
舌側矯正の特徴

舌側矯正のメリットは、明らかに目立たないことです。ワイヤー矯正ですので月一回のワイヤーの交換やゴムの交換が必要です。また、歯を抜くケースなど問題なく治療することができます。歯を抜いた後は、ダミーの歯を置いて隠すことも可能です。

表側矯正と比較してう蝕になるリスクが低いとされています。歯みがきが不必要というわけではありません。定期的なメンテナンスは必ず必要になります。う蝕になるリスクが低い理由として舌側は、唾液の開口部が多く、自浄作用に優れているためです。また、表側に装置をつけないため、エナメル質の亀裂や接着剤が残ることがなく歯の表面を綺麗に保つことができます。

デメリット

1. 治療の序盤に前歯で噛めない
2. 歯科矯正用アンカースクリューがほとんどの抜歯症例で必要になる

舌側矯正では当たり前ですが歯の舌側(裏側)に装置を装着しますので下の歯が装置にあたる患者さんがほとんどです。そのため、装置に下の歯が当たらないように、一時的に大臼歯の咬合面に金属や樹脂を盛り上の前歯が下の前歯に当たらないようにします。すなわち奥歯は当たっているけど前歯は当たっていないことになります。麺類は非常に食べにくくなります。

きづがわ矯正歯科で舌側矯正の歯を抜くケースは、ほとんどの患者さんに歯科矯正用アンカースクリューを併用します。これは、私の技術的な問題かもしれませんが前歯を計画通りに移動させるには、最善の方法であると考えているためです。歯科矯正用アンカースクリューは、歯を抜くほどの侵襲はありません。薬事承認を得ている非常に安全な装置です。

その他の矯正

予約について

電話で予約する
© 2020 きづがわ矯正歯科 All Rights Reserved.

ページトップへ戻る